h-kikuchi.net

寺社・御朱印めぐりの日々

「私訳歎異抄」五木寛之

 五木寛之氏の私訳版「歎異抄」を読了。

親鸞に関する著作が多数ある著者だけに、非常に分かりやすく読みやすい。

 

近年、いろんな古典の現代語訳版が多数出版されているが、

原文で読むことだけが至上であるとは思わないし、

現代語訳版があることはとても有り難いことだと思う。

 

釈迦は「その人が理解できる言葉で 教えを授けることが大切だ」と言ったそうだが、

どんなに高尚な本でも読んで理解されなければ、

それは一部の人のものだけに終わってしまう。

 

現代語訳版は邪道ではないと思うし、

これからも古典の現代語訳版を読んでいこうと思う。

ちなみに原文も収録されているので、分からないながらも

対比して読むことも可能です。

 

私訳 歎異抄(たんにしょう) (PHP文庫)

私訳 歎異抄(たんにしょう) (PHP文庫)

 

 

【PR】新刊発売!「謎解き御朱印めぐり」(笠倉出版社) ←amazon販売ページ【PR】
2019年7月10日発売!本書では奥深い御朱印の世界に秘められた、さまざまな「謎」に迫っていきます。
実用的なものから少々マニアックなものまで、御朱印にまつわる疑問にお答えしています。
各寺社への徹底取材により、本書でしか知ることのできない御朱印の裏話もたっぷり。
御朱印めぐりのベテランといえる愛好家の方にも、必携の一冊となっています。

f:id:yoyorinrinyuyu:20190618125000j:plain