h-kikuchi.net

連続する刹那の断片〜 passion & action 〜

「走りながら考える」(為末大)が猛烈にイイ!

元ハードル選手・為末大氏の著作。

少し前の著作だが、実体験で考えてきたこと、気づいたことが

赤裸々に本音で書かれています。

 

自己啓発書は多く読んできましたが、

そこらへんに多数転がっている自己啓発書とは一線を画す超良書。

同年代の著者ということもあるからなのか、考え方に共感する部分が多い。

自己啓発書の類の内容って、著者が本音で言っているか、飾って言っているかは読んでいてだいたい分かるものです。

この本は、体験、思考に裏打ちされた本音で語られていると思いました。

スーパー×3おすすめです。

年齢も一緒で大学も同じ人なんだけど、為末大がこんな人だとは知らなかった。

走りながら考える

走りながら考える

 

 

今、読んでいる別の本が読み終わったら、次は南直哉氏との対談本「禅とハードル」も読んでみようと思います。

禅とハードル

禅とハードル