h-kikuchi.net

連続する刹那の断片

【amazon e託】自己出版のその後

「アマゾンE託」を利用しての自己出版計画のその後。

ちなみに前回の記事はこちら↓。

www.h-kikuchi.net

 

趣味的な自己出版として下記の3冊の本を出版することにしてました。

(※【後日追記】発送が大変なので、その後、すべて絶版にしたので現在は購入できません)

1.御朱印アートブック (一生に一度は頂きたい美しい御朱印・珍しい御朱印!) | 菊池 洋明 | 本-通販 | Amazon.co.jp

2.Amazon.co.jp: 写真集・永平寺の春: 菊池 洋明: 本

3.Amazon.co.jp: 今ここを生きるための名言集 (前向きに生きるために): こよみ出版編集部, 菊池 洋明: 本

 

結果は、・・・・アマゾンE託への登録から約1ヶ月で130部以上の注文!

その9割が御朱印本の注文です。

そして、アマゾンからの納品依頼は3冊合計で約450部!?

(このペースで売れ続けるとも思えないし、

アマゾンは何か月分の在庫を抱えるつもりなのか?誤発注?)

 

値段が高いし売れないと思っていたのに、完全に趣味の範囲を超えてます

個別の発送はアマゾンがやってくれるので、アマゾンへの一括納品でよいとはいえ、

この量の発送作業は大変だし、支払は売れた部数分だけで、支払サイトも約2ヵ月後だし・・・。

 

ネットの情報では初回納品は1冊だけというのを散見していたので、

その程度の発送を想定していました。完全に誤算です。

(推移を見て半年後くらいに撤退も検討中です)

 

アマゾンへの発送作業中のひとこま。ピアノの上までこの有様です。

f:id:yoyorinrinyuyu:20150923194823j:image

 
ただ、個人的な思惑は別にして
アマゾンの販売力はやはり凄いと思いました。
 
だって、個人が自己出版してアマゾン以外どこにも販売してないのに、一定数売れるんですから。
 
今の時代、個人がより多くの人に発信するのならネットに勝るツールはないと思いますが、紙の本にこだわりたい人は、この「アマゾンE託サービス」を利用しない手はないと思います。
 
何より売れる売れないは別にして、紙の本を出すということの自己満足度はかなり高いです。
 
国会図書館に納品すれば下記のようにインデックスされますし。

御朱印アートブック : 美しい御朱印・珍しい御朱印 (こよみ出版): 2015|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

写真集永平寺の春 = The Eiheiji photographs (こよみ出版): 2015|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

 

国会図書館に蔵書されることに何の意味があるのかと問われれば、人間が生きてることの意味と同様に、本質的には何の意味もありませんが(笑)。

 

この後はどうなるか分かりませんが、

しばらくしたらまたその後の経過を書いてみたいと思います!

 

 【追記】

その後、御朱印アートブックは、PHP研究所より内容もボリュームもグレードアップした別の本として商業出版されました! 以下です。

全国の寺社から美しい・珍しい御朱印を厳選した御朱印本!

Amazon.co.jp: 永久保存版 御朱印アートブック: 菊池 洋明: 本

オールカラー、176ページのボリュームです。詳細は下記からどうぞ!!

永久保存版・御朱印アートブック(出版社:PHP研究所)

 

↓御朱印ブログランキングです。

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村