h-kikuchi.net

連続する刹那の断片

南直哉さんにハマるの巻。絶対的名著

 曹洞宗の僧侶で、恐山の院代(住職の代理)などをしている南直哉(みなみじきさい)さんの本にハマっている。

本によっては、小難しく、分かりづらい本もあるが、下記にあげた本は、比較的読みやすく、強くお勧めしたい良書。というか絶対的名著!

 

この方は不幸にも(?)、答えのない問いを小さいころからずっと考え続けてきたようだ。

それ故なのか、もともとの才能なのかどうか、考えたことを言語化する能力が突出している。

そして自分の問いに対して、自分の考え、自分の答えを見つけている。


「救済者」って言葉は胡散臭くて大嫌いだが、南直哉さんが提示した考え、本に共感し、「生きるほうに賭ける」ことを選択した人は、少なからずいるのではないだろうか。

共感する人が自分以外にもいる。その一点において、その人たちにとって、南さんは実質的な「救済者」なのだろうと思う。

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)

 

「問いから始まる仏教」の文庫化したもの。「自分をみつめる禅問答」

自分をみつめる禅問答 (角川ソフィア文庫)

自分をみつめる禅問答 (角川ソフィア文庫)

 

南直哉さんのブログをまとめた本。それぞれは短いけれど読み応えあり。

刺さる言葉: 「恐山あれこれ日記」抄 (筑摩選書)

刺さる言葉: 「恐山あれこれ日記」抄 (筑摩選書)

 

 南直哉さんの処女作。

語る禅僧 (ちくま文庫)

語る禅僧 (ちくま文庫)

 

 

 親友に奨められて読んだ、岸田秀の「ものぐさ精神分析」。こちらが自分の人生の中で出合った最初の絶対的名著。理屈抜きで面白い!

ものぐさ精神分析 (中公文庫)

ものぐさ精神分析 (中公文庫)

 

 

続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)

続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)