h-kikuchi.net

寺社・御朱印めぐりの日々

岩槻大師のアートな梵字の御朱印

真言宗智山派・岩槻大師こと弥勒蜜寺(埼玉県岩槻市)の御朱印「五大力」。関東三十六不動霊場の一つです。五大力は、ご本尊・大日大聖不動明王、東方を守護する降三世明王、南方を守護する軍荼利明王、西方を守護する大威徳明王、北方を守護する金剛夜叉明王の五大不動の五大力尊とのこと。こちらは書き置きの御朱印です。

【PR】御朱印新刊本!2019年7月10日新発売!【PR】
「謎解き御朱印めぐり」

f:id:yoyorinrinyuyu:20190618114449j:plain

謎解き御朱印内容紹介ページ

 

www.h-kikuchi.net


↓ Amazon販売ページ ↓

謎解き御朱印めぐり

謎解き御朱印めぐり

 

  

【PR】御朱印の新刊本!2018年12月28日新発売!【PR】

願いを叶える!古今東西、すごい御朱印だけ集めました

f:id:yoyorinrinyuyu:20181201101118j:plain

願いを叶える! 古今東西、すごい御朱印だけ集めました。 (サクラムック)

願いを叶える! 古今東西、すごい御朱印だけ集めました。 (サクラムック)

 

 
f:id:yoyorinrinyuyu:20150314203224j:plain
 
御朱印帳に頂いた御朱印「五大力」と「南無大師遍照金剛」。
f:id:yoyorinrinyuyu:20150314203236j:plain
 
このお寺は地下仏殿がおすすめです。地下仏殿には四国八十八ヶ所霊場の砂が霊場ごとに足元に袋に入れられており、四国お遍路をすることが出来るのです。岩槻大師の地下仏殿を八十八回満願することにより、四国の本場霊場を満願されたと同じ功徳が得られるそうです。ちなみに八十八回満願の方には、満願証と仏壇用掛軸が授与されるとのこと。
f:id:yoyorinrinyuyu:20150314204525j:plain
 
五大力尊の御朱印と同じデザインの大きな提灯(?)
f:id:yoyorinrinyuyu:20150314204546j:plain
 
f:id:yoyorinrinyuyu:20150314204612j:plain
 
f:id:yoyorinrinyuyu:20150314204927j:plain
 
地下仏殿。四国お遍路と同じ功徳が得られるいう八十八回満願した方もいらっしゃるそうです。
f:id:yoyorinrinyuyu:20150314210421j:plain
 
f:id:yoyorinrinyuyu:20150314205002j:plain
 
f:id:yoyorinrinyuyu:20150314205455j:plain
 

【PR】御朱印新刊本!2019年7月10日新発売!【PR】
「謎解き御朱印めぐり」

f:id:yoyorinrinyuyu:20190618114449j:plain

謎解き御朱印内容紹介ページ

 

www.h-kikuchi.net


↓ Amazon販売ページ ↓

謎解き御朱印めぐり

謎解き御朱印めぐり

 

  

【PR】新刊!山頂でしか頂けない霊峰にある社寺の御朱印や、全国のパワースポット社寺の御朱印を集めた渾身の一冊!【PR】

f:id:yoyorinrinyuyu:20171220205725j:plain

 
【PR】全国の寺社から美しい・珍しい御朱印を厳選した御朱印本!【PR】

f:id:yoyorinrinyuyu:20160116134435j:plain

【Amazon】

永久保存版 御朱印アートブック

永久保存版 御朱印アートブック

 

オールカラー、176ページのボリュームです。詳細は下記からどうぞ!!

永久保存版・御朱印アートブック(出版社:PHP研究所)

 

【美しい御朱印まとめPART1~4】

 

www.h-kikuchi.net

www.h-kikuchi.net

www.h-kikuchi.net

 

見開き御朱印を授与されている全国の寺社をまとめてみました!

www.h-kikuchi.net

 

 御朱印ブログランキングです。

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村


御朱印 ブログランキングへ
【PR】新刊発売!「謎解き御朱印めぐり」(笠倉出版社) ←amazon販売ページ【PR】
2019年7月10日発売!本書では奥深い御朱印の世界に秘められた、さまざまな「謎」に迫っていきます。
実用的なものから少々マニアックなものまで、御朱印にまつわる疑問にお答えしています。
各寺社への徹底取材により、本書でしか知ることのできない御朱印の裏話もたっぷり。
御朱印めぐりのベテランといえる愛好家の方にも、必携の一冊となっています。

f:id:yoyorinrinyuyu:20190618125000j:plain