h-kikuchi.net

連続する刹那の断片〜 passion & action 〜

本、映画

監修した神社の御朱印本「全国神社の御朱印 開運しあわせ散歩」が発売されました!

監修した神社の御朱印本「全国神社の御朱印 開運しあわせ散歩」が発売されました! 全国の神社の特徴的な御朱印や、神社の基礎、様々な神様のこと、神道のことなど、神社・神道について特化した本です。 全国の書店、Amazonなどで発売中です! ・書名:「全…

「君たちはどう生きるか」吉野源三郎

話題のベストセラー「君たちはどう生きるか」古典的な名著だと書かれていますが、存在を全く知りませんでした。ただ、古典的名著と言われる由縁、今になって再び注目される理由は読めばわかると思います。子供にはもちろん、大人にもお勧めできる一冊です。 …

監修した本が出版されます!「全国神社の御朱印 開運しあわせ散歩」(ダイアプレス)

監修した御朱印本が発売されます。 全国の神社の特徴的な御朱印や、神社の基礎から、いろいろな神様のこと、神道のことまで、神社・神道について特化した本です。 ・書名:「全国神社の御朱印 開運しあわせ散歩」 ・出版社:ダイアプレス ・オールカラー ・…

「暮らしの哲学」池田晶子(毎日新聞社)

平易な文章で哲学を語った池田晶子氏の「暮らしの哲学」(毎日新聞社)。 「14歳からの哲学」を読んで面白かったので、他の著作もということで読んでみました。 暮らしの哲学 作者: 池田晶子 出版社/メーカー: 毎日新聞社 発売日: 2007/06/29 メディア: 単行…

「裸でも生きる」 山口絵理子 講談社

途上国発のブランド・マザーハウスを創業した山口絵理子さんの創業までの奮闘記。 先日の「カンブリア宮殿」にも取り上げられて出演されていたが、行動力が凄すぎる。 本もたいへん読みやすく、刺激を受けること間違いなし。 裸でも生きる ~25歳女性起業家の…

読売新聞夕刊に金魚本が紹介されました!(2017年9月4日)

本日(2017年9月4日)の読売新聞夕刊のペットライフのコーナーに自著の金魚本「上から見る!風流に金魚を飼うための本」(出版社:秀和システム)が紹介されました。 今日、突然に出版社編集者の方から連絡があり、読売新聞の方から連絡があったとのこと。 …

最近読んだオススメの本5冊

強くインスパイアされたおすすめの本(読み直し含む)。 共通しているのは「行動力」、「行動すること」の大切さ。 人によっては否定的に捉える方も多そうな著者の本もありますが、いずれも素晴らしい本です。 欠陥のない人間なんていないだろうから、どんな…

人生ドラクエ化マニュアル(JUNZO・ワニブックス)

昔、営業をやっていたとき、上司が「嫌な仕事はゲームだと思ってやればイイんだ」的なことを言ってたけど、それを人生全般に当てはめたらいいと説く本「人生ドラクエ化マニュアル」。 視点が面白い。part2もオススメ! 本書の著者・JUNZO氏は山田太一脚本の…

14歳からの哲学ー考えるための教科書ー(池田晶子)

大人にも良い本。これは名著と言ってよい本です。 最近、全てが面倒で思考停止に陥ってるので素直に良いと思える本でした。 人間が人間である所以は考えることにある。 夜空が奇麗な場所で満天の星が見たくなった。 子供にも読ませよう。 14歳からの哲学 考…

南谷真鈴「自分を超え続ける〜熱意と行動力があれば、叶わない夢はない〜」

19歳の冒険家女子・南谷真鈴さんが書いた本。 40手前のおじさんは、単純にインスパイアされたのでありました。 キーワードは、「情熱、行動力、徹底」 叶わない夢はない!なんてことは当然思わないけど、この本を読んでると熱意と行動力を持って徹底的(かつ…

「多動力」(堀江貴文・ホリエモン)周りに左右されず、ジャストドゥーイット!

「多動力」(堀江貴文) ホリエモンさんの本は、既成概念にとらわれておらず、従来とは違った考え方を提示してくれるので大好きで、何冊も読んできましたが、この本は特によかったです。 読むのが速くはない自分でも2時間かからずにさらーっと読めました。 …

孤独論ー逃げよ、生きよー(田中慎弥)

作家としてデビューする30代になるまで、実家に引きこもりを続けていたという異色の芥川賞作家・田中慎弥氏の本。芥川賞受賞時の受賞会見が話題となった人です。 正直言ってこの方の小説は読んだことありませんが(汗)、たまたま本屋で見つけてジャケ買い…

名著発見!泉谷閑示さんの本が凄い!(「普通がいい」という病・仕事なんか生きがいにするな)

泉谷閑示さんという精神科医の書いた本が名著過ぎる! (その深い洞察力、観察力、思考力、人間観に感嘆させられます) この人が書いた本は全部読んでみたいと久しぶりに思わせてくれる2冊の本でした。 正直、本のタイトルはイマイチで、サブタイトルのほう…

「上から見る!風流に金魚を飼うための本」出版社:秀和システム 著者:菊池洋明

三冊目の本が発売されました! 今度は、元来の趣味で、念願の「金魚本」です! 『金魚は元来、鉢で飼育されていたことから、上から見て楽しむものでした。したがって上から見て美しく見えるように多くの金魚の品種が改良されてきたのです。上から見た金魚は…

「四国遍路」(辰濃和男著・岩波新書)が良い!

ものすごく良い本に出合えた。 「四国遍路」岩波新書 タイトルどおり四国遍路の紀行文ですが、かなりの良書です。 遍路中に出会った人との触れ合いや、四国の情景が浮かんでくるような良質な文章。 御朱印とかは関係なしに、いつかは四国遍路に行ってみたい…

アウトドア雑誌Fielderに掲載されました!

2月27日発売のアウトドア雑誌フィールダーVol32(笠倉出版社)におあそびマスターズ御朱印編の模様が掲載されていました。 ライセンスの井本さんが、御朱印巡りが非常に楽しかったと言って頂いている。嬉しい! サラリーマンなので、ライターでもカメラマン…

NHK100分de名著「正法眼蔵」(ひろさちや著)が超おすすめ!

曹洞宗開祖の道元の主著「正法眼蔵」 正法眼蔵に関する本はいくつか読んできましたが(原本は難解すぎて意味不明で挫折)、この本が一番ストンと心に落ちた本です。原文に触れている部分は少なく、また当然著者による解釈も一部加わっているのですが、とにか…

企画のたまご屋さん大賞2016に選んで頂きました!

今年の初めに本にして頂いた「永久保存版 御朱印アートブック」が「企画のたまご屋さん大賞2016」に選ばれました! 向かって左側が出版プロデューサーのおかのさん、右側がPHP研究所の編集者・上岡さん。お二人に素人の拙い企画を拾って頂き、商業レベルの素…

「開運!御朱印手帖」(ダイアプレス)発売!

2冊目の編著本(今回はムック)が 2016年11月16日(水)に発売されました! タイトル:「開運!御朱印手帖」 (DIA Collection) 出版社:ダイアプレス 価格:1000円+税(税込み1080円) 仕様:オールカラー、127ページ、ムック本 【目次】 ・御朱印って何?…

「世界から猫が消えたなら」再鑑賞

父さんへ 世界から猫が消えたなら、 この世界はどうかわるのだろうか。世界から僕が消えたなら、 いったい誰が悲しんでくれるだろうか。 世界から僕が消えたなら、叶えられなかった夢や想い、生きている間にできなかったこと、やり残したこと、後悔がきっと…

マイブーム!MJ(みうらじゅん)が熱い!(いまさら)

みうらじゅん(MJ)さん。 名前や顔はよく知っていたけど、よく知らなかった人。 初めて著作を読んでみた。短期間に3冊。 「ない仕事」の作り方 作者: みうらじゅん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/11/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この…

宮本輝は知っている

「宮本輝は知っている」 ネスカフェのCMのこのフレーズを知っている人は、 それなりの年齢の人だと思いますが、 本当に「宮本輝は知っている」のだと思います。 小説家・宮本輝のエッセイは素晴らしいです。 (小説ももちろん良いのが多いです…) 宮本輝曰…

朝井リョウの「何者」と「何様」がおもしろい!

朝井リョウの直木賞受賞作「何者」とそのスピンオフ短編小説集「何様」。 先日、映画「何者」を観て、ちょっと前に読んだ小説「何者」の設定、ストーリーを明確に思い出したので、本屋で見つけた新刊本「何様」を買って読んでみました。 「何者」もいいけど…

GANTZ O(ガンツ オー)は2016年最高の映画だ!(断定)

GANTZ O(ガンツ オー)の映画評で「日本のCG映画の一つの到達点」という記事があったけど、その意見に完全同意! 今年一番に推したいオススメ映画! (漫画を読んでた人は、必見!) gantzo.jp

第三刷、増刷連絡!

大宮駅前にある、そごう8階のロフトのレジ前の画像。御朱印帳とともに御朱印アートブックを並べて頂いてるとのこと。 偶然見た友人が画像を撮って送ってくれました。 そしてこちらは、出版社から増刷連絡! 第三刷かかりました。 地味に少しずつ継続的に売れ…

最高の現実逃避であり、最高の暇つぶしであり、最高の贅沢

本の虫となりつつある長男がすすめてくれた本「ツナグ」。 ツナグ (新潮文庫) 作者: 辻村深月 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/08/27 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 69回 この商品を含むブログ (68件) を見る 映画化もされているというこの本。 …

手の届かない真理 by 「+1cm(プラスイッセンチ)文響社」

人はまだ がんの完全な治療法や 世界の経済をずばり予測するシステム UFOがあちこちに出没する理由 宇宙がどうやって誕生したのか そんな、大抵のことについては明らかにできていない。 けれどすでに 温かな愛やいつまでも変わらない友情の存在 転んで起きあ…

最近読んだ本(備忘録)2016年4月~7月

通勤時間を利用して読んだ最近の読書の備忘録。 といっても前回は3月まで記していたから今回は4月から7月中旬まで。 つまらない、自分には合わないと判断した本は途中で挫折してるので、記録するのは読破した本だけです。 読破した本は、自信をもってお勧め…

日経おとなのOFF 2016年8月号・夏こそ京都 初耳教養77

日経おとなのOFF 京都特集の御朱印ページで取材を受けました。京都についての「へ〜、そうなんだあ」が、詰まった一冊。・自分の腕前を披露する晴れの舞台を意味する「檜舞台」という言葉は、清水寺の舞台が檜作りであったことから生まれた。・非常な決心を…

安藤美冬著「冒険に出よう」

ノマドワーカー・安藤美冬さんの著書「冒険に出よう」のウラ帯。アンダー25の若い人に向けた本のようですが、年齢関係なく、人生まだまだこれからだと思っている人はインスパイアされる良い本だと思う。ウラ帯の言葉、個人的には、「(大事なことは)未熟で…